経産婦さんの方が妊娠線が出来やすいの?

妊娠線は、短期の間で皮膚が伸びる状況に表皮の内側の組織がついていけず、割れ目が入ってしまう仕組みで発生します。

 

そのため、初産婦でも経産婦でも、妊娠線が出来ずに済むケースもあればできてしまうケースもあり、何回目の妊娠なら問題ないということは言えません。

 

 

しかし、経産婦は妊娠線が出来やすいと言われています。妊娠線が出来る仕組み的にはそれは正しくはありませんが、すでに体験済みである妊娠と言うことで、気を抜いてしまうことが1つの原因となっているそうですね。

 

お腹が覚えている?

はじめての妊娠では、今まで未経験の未知の「妊娠」「出産」に対する心配や不安が強くなり、あれもこれもと気配りしたり、妊娠線が出来ないようにと熱心にいつも予防クリームを塗る妊婦さんは少なくありません。また、妊娠するまではお腹の皮膚が伸びるという経験もないので、お腹が巨大になる時期や大きさなども、体験済みの人と比べると妊娠後期に近づいて突然お腹が巨大化したりすることが多いようです。

 

ところが、一度伸びた経験がある皮膚は、その後妊娠すると覚えているのでしょうか、はじめての妊娠の時よりも早い時期から大きくなり始めると実感する妊婦さんが大半です。

 

それに私もそうだったのですが、もう経験者ということで妊娠に対しての恐れや心配が減少し、よりリラックスした状態で出産に臨めますね。

 

リラックスすることによって食欲旺盛になって「これぐらい大丈夫だよ」と食べてしまって、さらにお腹が大きくなってしまう要因にもなりますし、お腹が大きくなれば当然、ストレッチマークもできやすくなってしまうのです。

 

最初の妊娠の時に妊娠線が出来なかった人は、2回目3回目の妊娠の時にも、可能な限り気を抜かずにしっかりと妊娠線予防クリームで対応していきたいというわけです。お腹は大きくなると皮膚が次から次へと伸ばされて線が入りやすいので、妊娠中の体重管理は集中して行いましょう。

 

毎日朝と晩にクリームをつけて血行促進に役立つマッサージをしてあげれば、かなり予防することができるのです。

 

妊娠線予防ならこのクリームがおすすめです

 

関連ページ

妊娠腺ってどうしてできるの?
そもそも妊娠腺ってどうしてできるのでしょう?妊娠腺の基礎知識にお答えします!
妊娠腺はいつ頃から出ますか?
妊娠腺はいつ頃から出るのでしょうか?そして、妊娠腺のケアはいつ頃からするべき?
妊娠腺ってどうして一度できると消えないの?
妊娠腺って一度できると消えないと言われていますが、どうして一度できると消えないのでしょう?
マタニティクリームはいつからいつまで使うのがベスト?
気付いた時にはもう遅い?妊娠腺予防クリームはいつからいつまで使うのがベストなのでしょう?
双子の妊娠線予防はいつからやれば良いの?
双子の場合、特別な妊娠腺予防が必要なのでしょうか?また、はじめる時期も違うの?
妊娠腺は美容整形でキレイになる?
見るたびに憂鬱になってしまう妊娠腺・・・。妊娠腺は、美容整形でキレイになるのでしょうか?
妊娠腺は産後にもできる?
妊娠腺ができるのは、妊娠中だけじゃなく、産後にできることもあるのでしょうか?
妊娠線の前兆はかゆみが出るって本当?
妊娠線の前兆はかゆみが出るって本当でしょうか?かゆみが出たら警告のサイン!?
妊娠線はぽっちゃりの方が出来やすい!?
妊娠線は、ぽっちゃりの方が出来やすいって本当!?何でぽっちゃりの方が妊娠線が出来やすいのでしょう?
【油断禁物!】出産後に妊娠線はできる!?
妊娠線ってご存知ですか?妊娠中やはり気になるのが妊娠線!体型もそうですが女性はいつまでも綺麗でいたい!ですが出産後妊娠線ができる話知っていました?妊娠線は出産後も出来るのか気になる方必見です!簡単私なりにまとめてみました。
妊娠線予防クリームって効果あるの!?
妊娠線クリームって実際には効果があるの?ケアはしっかりしているつもりでも塗るだけで本当に妊娠線ができないの?妊娠線クリームってどんな成分が入っているの?詳しいお話しを私なりに簡単にお話ししたいと思います。