妊娠線の原因をきちんと理解しよう!

少子化と言われているこの時代ですが妊娠している方はたくさんいらっしゃいます。妊娠の喜びと次に来る壁がつわり。このつわりが落ち着き食欲が戻ってきてしまい、体重が増えてしまい体重をコントロールする事に苦難する妊婦さんもいらっしゃいますよね。

 

食べつわりでも体重をコントロールする事に苦難する妊婦さんもいらっしゃいますよね。妊娠線もその1で妊娠線が出来る原因がしっかりあります。

 

まず1つ妊娠線とは、妊娠してお腹はもちろん赤ちゃんも大きくなるのでお腹がおおきくなりますよね。妊娠線はお腹やおしりふともも胸に現れてきます。

 

一本だけ出来てしまった方や沢山できてしまう方、個人差ですがこのようにできてしまう場合があります。妊娠5カ月から7カ月ができやすいと言われています。

 

お腹が目立ち始める時期に注意が必要

この妊娠線の原因は妊娠5ヵ月から6カ月頃の安定期とも言われている週数になるとお腹がぽっこりとしだしお腹が目立ち始める時期に入ります。

 

皮膚の下に真皮という組織があります。この組織がお腹が大きくなったり急激な体重増加で急激にこの皮膚の伸びが間に合わず断裂してしまいます。これが妊娠線ができる原因とも言われています。

 

もう1つがホルモンバランスです。妊娠中コルチコステロイドというホルモンが妊娠中に分泌量が増えてしまいます。そうなると肌の新陳代謝が妊娠前より抑制されてしまいます。

 

そうなると肌は弾力を失ってしまい断裂がなりやすくなってしまうのが原因だと言われています。妊娠線ができても赤ちゃんやお母さんの体の健康には影響はありません。

 

しかし体重管理や保湿をしっかりしたからといって妊娠線が出来ないわけではありません。妊娠線も人によりけりなので妊娠線が出来る人出来ない人もいます。

 

もともと体型が小柄でお腹だけ出てしまう人や経産婦さんや双子や三つ子を妊娠している人やもともと妊娠前の肌質や体型によっても原因がわかっていながらも差は出てきます。

 

3人目で酷い妊娠千ができた

個人的な意見ですが私は3人出産していますが2人目までは妊娠線が出来ませんでした。つわりは3人目の方が酷くて体重も緩やかでしたし体重の管理や保湿をしていましたが8カ月あたりかからお腹の痒みと同時に私はお腹に亀裂が入りそこから四本くらいお腹回りにできてしまいました。

 

1人目2人目は出なかったので自分はできない体質なんだと思ってしまいました。

 

保湿もしていましたが私の場合はできてしまいました。自分が見えないところ。手の届かない場合は家族の方や旦那さんに手伝ってもらうことも良いですね。

 

ベストなタイミングは入浴後血流が良い状態で保湿するのがべストですね。

関連ページ

考えられる妊娠線の原因は何?
妊娠線の原因って何が考えられるのでしょう?妊娠線予防をするには、妊娠線の原因がわからないと対処できませんからね!