妊娠腺対策をしっかりやって後悔しないようにしましょう!

『妊娠腺対策なんてしなくても大丈夫!』
『だって1人目の時には、何もしなかったけど妊娠腺なんてできなかったもん!』

 

もし、あなたがこんな風に思っているのなら、かなり危険かも!?
初産婦の時に妊娠腺ができなくても、経産婦で妊娠腺ができてしまったという方は、何と80%もいるという統計結果もあるんです!

 

また、妊娠腺はその時の体の調子であったり、皮膚の状態によって、出来やすい状態であったり、出来づらい状態だったります。ですから、初産婦の時に妊娠腺ができなかったという経験は、何の根拠にもならないんです。

 

あとで後悔しなように、しっかりと妊娠腺対策していきましょう!

 

妊娠腺予防記事一覧

 

妊娠中の女性の悩みと言えば、妊娠腺です。一度できてしまうとなかなか消えにくいので、なんとか妊娠腺ができないように心がけているという人もたくさんいます。妊娠腺の予防には、保湿が一番効果的です。保湿を毎日心がけていれば、妊娠腺は高い確率でできにくくなります。妊娠腺予防の保湿剤には、様々な種類があります。大きく分けて、クリームローションオイルがあります。一体どれがいいの?と悩む人も多いでしょう。妊娠腺予...

 
 

妊娠線ケアをしている人は多く、一生懸命にお腹のケアをしていることと思います。しかし、妊娠線はお腹だけではありません。実は、太ももの付け根やお尻にも出来てしまう人もいますので注意が必要なんです。特に体重管理が出来ていない人に多く見られるので、妊娠中の体重管理もきちんと行っていきましょう。また、予防クリームを塗るだけではなく、マッサージやストレッチも取り入れると予防に効果的です。太ももや二の腕などもあ...

 
 

妊娠線対策をしているつもりでも、いつの間にかできてしまっている場合があります。妊娠線を絶対に作らない!また、これ以上増やしたくないと思っている経産婦さんは、もう一度ケア方法をチェックしてみてください。頭ではわかっているつもりでも実践していないことも多いので、少しでも知識を詰め込んでおきましょう。妊娠線ができやすい人というのは、乾燥肌の人・小柄な体型・経産婦・ポッチャリタイプ・双子を妊娠しているとい...

 
 

妊娠中期から後期に入ると、妊娠線の心配が出てきます。コツコツとケアをしている人は、していない人に比べて肌がやわらかくプニプニしていて妊娠線が出にくい状態になっています。ケアをしていない人は、既に妊娠線が下腹部にくっきりと出ている場合が多いのですが、下腹部は見えにくいので妊娠線ができてしまっていることに気づきにくく、そのまま放置してしまうことが多いようです。産後自分のお腹を見てビックリするケースが多...

 
 

既に妊娠線対策を行っている人は多いと思います。妊娠線の予防策として、どのようなクリームを使っているでしょうか?専用の妊娠線の予防やケアができるクリームを愛用している人もいれば、市販されているボディークリームを愛用している人も多くいると思います。専用のクリームの場合、塗るだけでOKという商品が多いので、手間や負担が少ないのが魅力的に感じます。市販のボディクリームも効果あり?市販されているクリームでも...

 
 

妊娠腺は、お腹だけにできるわけではありません。妊娠するとお腹だけでなく、お尻周りや太ももなど下半身に脂肪がつきます。急激に大きくなるお腹と共に、お尻・太もももサイズがアップしますので、この部位に妊娠腺ができることも珍しくありません。妊娠中、太ももに肉割れができてしまう事もよくあります。肉割れも妊娠が原因で発生してしまうので、妊娠腺の部類に入ります。太ももの妊娠腺は、お腹よりも目立ってしまい、なんと...

 
 

妊娠腺の予防には、妊娠腺予防クリームで保湿することが一番です。この妊娠腺予防クリームには様々な種類があり、何がいいのか迷ってしまうという人も少なくありません。中でも近頃話題なのは、「シラノール誘導体」です。テレビや雑誌でも多く取り上げられていますが、このシラノール誘導体とは一体どういった成分なのでしょうか。シラノール誘導体とは?シラノール誘導体とは、コラーゲンの修復作用があることで美容成分として広...

 
 

妊娠腺の対策は、出来るだけ早い時期から開始するのがベストです!なぜなら、妊娠腺は皮膚の伸縮率が悪い場合に出来やすいと言われています。ですから、マタニティクリーム等を使い、でできるだけ早い時期からマッサージすることで、皮膚の伸縮率を上げることができるんです。また、乾燥肌の方は、常に保湿を意識して下さい。乾燥肌の方は急にお腹が大きくなることで、皮膚の断裂が置きやすくなってしまいます。常に保湿を意識して...

 
 

すでにマタニティクリームを使っている方も多いと思います。あなたは、1日何回マタニティクリームを使っていますか?マタニティクリームを利用することで、妊娠時にできやすい妊娠線を予防する効果があります。お腹が出てきて、痒くなってくる時期に妊娠腺ができやすいという傾向があります。妊娠腺ができる時期というのは、人それぞれ異ります。妊娠4ヶ月の人もいれば、5ヶ月・6ヶ月頃の人もいるでしょう。お腹が出てきたかな...

 
 

妊娠4ヶ月から5ヶ月頃になると、お腹に痒みが出てくる場合があります。これは、お腹が大きくなり、お腹の皮膚が伸びてくると起こります。つまり、お腹の痒みが気になってくると、妊娠腺の兆候が出てくる警告なんです!妊娠腺ケアは、早くにはじめることが大切です。お腹に痒みが出る前に、妊娠腺ケアを始めるようにして下さいね♪妊娠腺ケアはいつから?妊娠腺ケアは早めにはじめる方が効果的です。では、いつからはじめれば良い...

 
 

妊娠線は1度できてしまうと消えることがないと言われているので、妊娠中にしっかりとケアして予防することが大切です。妊娠線の原因は、急激な体重増加に伴ってお腹などの皮膚が急速に伸びることから出来てしまう肉割れです。その予防には、「急激に体重を増やさないこと」「妊娠線予防クリームを使ってしっかりと保湿すること」が大切だと言われています。妊娠線はお腹以外にもできる?妊娠線というとお腹に出来ると思っている方...