妊娠線予防で一番重要なポイントは?

妊娠してお腹が重い。腰も痛くなって食事するにもお腹が重くて息切れしてしまう経験ありませんか?

 

お腹がどんどん大きくなると妊娠線の事も心配になってきますよね。つわりで痩せたり食べつわりで体重が増えたり。お腹が出てきた時って嬉しくてお腹の写真を撮ったりと幸せ感じますよね。

 

ですが、妊娠線が出来てしまうのは個人差があるとも言われていますが妊娠線予防に重要なポイントは保湿とも言われています。

 

皮膚が乾燥していると痒みがでる

お腹の赤ちゃんが大きくなるとお腹ももちろん大きくなりますが皮膚が乾燥していると痒みが出てきてしますので白い粉を吹いたり皮膚が突っ張っている感じにピリピリしたりしてきます。

 

もちろん妊娠線を予防するには保湿をしっかりする事が重要視されていますが、体重管理も重要な事だと思います。妊娠初期のつわりで体重が減ってしまったりしますが、どんどんつわりが治まり食欲が増してくるともちろん体重が増えてしまいます。

 

赤ちゃんも大きくなりますが体重が増える事で皮膚面積が必要になってしまいます。

 

皮膚は伸びますので皮膚が切れる事はありません。なので急激に体重が増えたとしても皮膚が切れる事はありませんが、皮膚の中下にある皮膚組織は表面の皮膚と伸び方が違うので、皮膚組織が亀裂を起こし妊娠線の原因になってしまいます。

 

体重増加には要注意!

体重増加は妊娠線予防の他に妊娠中毒症やお産へのリスクも高まりますので体重増加は気をつけて下さいね。

 

妊娠線予防で保湿ももちろん重要です。できる限り早くから保湿することが重要ですが、遅くても妊娠4、5カ月あたりから保湿をする事をお勧めします。急激な体重増加もそうですがホルモンバランスの変化や乾燥で妊娠線ができてしまいます。

 

2人目の方が妊娠線はできやすい?

妊娠中の肌は弾力が妊娠前より失って弱い状態になっているので保湿をお腹もそうですが太もも、お尻回りもしっかり保湿するが大切です。1人目よる2人目の方が妊娠線できやすいと言われていますので欠かさず保湿をしっかりする事をお勧めします。

 

個人的な話になりますが3人の子供がいますが、やはり1人目より2人目3人目の方が少しですが妊娠線が出来てしまいました。

 

1人目は保湿をしっかりしていましたが、2人目は、3人目は育児でバタバタしていたせいか保湿がおろそかになってしまったり、体重管理がすごく苦労した記憶があります。

 

経験上やはり保湿をしっかりしていないとお腹が痒くてピリピリ痛かった記憶があり、それが妊娠線ができる予兆だったと思います。

 

なので安定期くらいを目安の保湿をしっかりする事をお勧めします。これから出産するお母さん達、出産頑張って下さいね!

関連ページ

妊娠腺予防はどれがおすすめ?
妊娠腺の予防にはどんな種類の妊娠腺ケア商品が必要なのでしょう?
妊娠腺はお腹だけじゃない!?
妊娠腺ケアといえば、お腹しかしない方がほとんどです。ですが、実はお腹以外にも気をつけないといけないところがあるんです!
妊娠線を絶対作りたくないならコレをやれ!
妊娠線を絶対作りたくない!もし、あなたの決意が本物ならコレをやって下さい!
おすすめ妊娠線ケア方法を教えて!
妊娠腺ケア方法にはどんなものがあるのでしょう?おすすめの妊娠腺ケア方法をご紹介します!
妊娠線対策に普通のボディクリームではだめなの?
妊娠腺対策には、専用のクリームが必要なのでしょうか?普通のボディクリームではダメなのでしょうか?
太ももに肉割れが!妊娠腺予防クリーム効果ある?
妊娠腺はお腹だけではなく、太ももにできるの?妊娠腺予防クリームは、太ももにも効果があるのでしょうか?
シラノール誘導体って何?効果あるの?
妊娠腺に効果が期待できると言われている「シラノール誘導体」ですが、効果はあるのでしょうか?
妊娠腺対策はできるだけ早い方が良い?
妊娠腺対策はいつ頃始めるのがベストでしょうか?妊娠腺対策はできるだけ早く始めた方が良いのでしょうか?
マタニティクリームは1日何回使えば良いの?
マタニティクリームが大切なのは、わかったと思いますが、マタニティクリームは、1日何回ぐらい使えば効果的なのでしょう?
かゆみが気になると妊娠腺の兆候!?
お腹のかゆみが出てくると、もうすぐ妊娠腺がでる前兆と言われています。本当なのでしょうか?
妊娠線予防には妊娠線予防クリームがおすすめです!
妊娠線は作らないことが大切です。そんな妊娠線の予防には、妊娠線予防クリームがおすすめです!