妊娠線を絶対作りたくないならコレをやれ!

妊娠線対策をしているつもりでも、いつの間にかできてしまっている場合があります。

 

妊娠線を絶対に作らない!また、これ以上増やしたくないと思っている経産婦さんは、もう一度ケア方法をチェックしてみてください。

 

頭ではわかっているつもりでも実践していないことも多いので、少しでも知識を詰め込んでおきましょう。

 

妊娠線ができやすい人というのは、乾燥肌の人・小柄な体型・経産婦・ポッチャリタイプ・双子を妊娠しているという人が、妊娠線ができやすいと言われています。

 

自分ができる予防策は、体重管理とスキンケアです。体重管理をしていきながら、ファーストフードの食品を避けコラーゲンの多い食材を選んで食べましょう。

 

妊娠腺予防にはスキンケアが大切

スキンケアは伸びがよく、香りのないものを選びきちんと保湿することが大切です。ポッチャリ系の人は、妊娠線が出ないイメージがあるのですが、皮下脂肪が多いと妊娠線は出やすいのです。

 

皮下脂肪は伸びづらく裂けやすいので、体重管理はしっかりと行っていくべきです。妊娠後期で後は陣痛を待つだけの人は、どんどん歩きスクワットをしてカロリーを消費していきましょう。適度な筋力も付くので産後の回復も早いのもメリットです。お腹周りもほどよく筋力がつき柔らかくなっていくので、妊娠線の予防だけではなくお産も比較的楽に進むのです。

 

専用のクリームも良いのですが、とにかくスキンケアをして保湿をしていくことが重要です。食べ過ぎないように体重管理も計画的に行っていきましょう。妊娠線を作らないことが一番大切です♪

 

おすすめのスキンケアクリームはこちら

関連ページ

妊娠腺予防はどれがおすすめ?
妊娠腺の予防にはどんな種類の妊娠腺ケア商品が必要なのでしょう?
妊娠腺はお腹だけじゃない!?
妊娠腺ケアといえば、お腹しかしない方がほとんどです。ですが、実はお腹以外にも気をつけないといけないところがあるんです!
おすすめ妊娠線ケア方法を教えて!
妊娠腺ケア方法にはどんなものがあるのでしょう?おすすめの妊娠腺ケア方法をご紹介します!
妊娠線対策に普通のボディクリームではだめなの?
妊娠腺対策には、専用のクリームが必要なのでしょうか?普通のボディクリームではダメなのでしょうか?
太ももに肉割れが!妊娠腺予防クリーム効果ある?
妊娠腺はお腹だけではなく、太ももにできるの?妊娠腺予防クリームは、太ももにも効果があるのでしょうか?
シラノール誘導体って何?効果あるの?
妊娠腺に効果が期待できると言われている「シラノール誘導体」ですが、効果はあるのでしょうか?
妊娠腺対策はできるだけ早い方が良い?
妊娠腺対策はいつ頃始めるのがベストでしょうか?妊娠腺対策はできるだけ早く始めた方が良いのでしょうか?
マタニティクリームは1日何回使えば良いの?
マタニティクリームが大切なのは、わかったと思いますが、マタニティクリームは、1日何回ぐらい使えば効果的なのでしょう?
かゆみが気になると妊娠腺の兆候!?
お腹のかゆみが出てくると、もうすぐ妊娠腺がでる前兆と言われています。本当なのでしょうか?
妊娠線予防には妊娠線予防クリームがおすすめです!
妊娠線は作らないことが大切です。そんな妊娠線の予防には、妊娠線予防クリームがおすすめです!