【油断禁物!】出産後に妊娠線はできる!?

妊娠してやはり体調も気になりますが妊娠線もきになりますよね。

 

妊娠してお腹が大きくなると言うことは赤ちゃんもすくすく大きく育っているとお母さんは自分のお腹をみて思いますよね。

 

妊娠初期から保湿をしっかりして臨月は本当にお腹も大きくて保湿をするのも一苦労だなと感じているお母さん沢山いらっしゃいますよね。

 

妊娠線は簡単に言うと妊娠中に出来ます。皮膚が乾燥したり急激に体重が増えてしまい皮膚の表面上は柔らかい柔軟せいがあるので皮膚は伸びますが中の皮膚が表面上とは違い柔軟性がないので中の方で亀裂が入り赤紫色になりスイカのような模様になってしまいます。

 

しかし、出産後妊娠線は赤紫色から白い色に変わります。妊娠中もそうですが出産後も消えはしないのですが保湿をする事が大切なのです。

 

妊娠中はお腹も大きく腰回りや胸太ももなどにも妊娠線が出来るので、妊娠線が出来ている部分に妊娠中気付かなく出産後できている事に気付いたと感じる妊婦さんも多いのです。

 

早ければ妊娠4カ月あたりからできる方もいますので早めの保湿が大切なのです。正確には妊娠中気付かない部分も産後お腹がすっきりして自分で見える部分の範囲が妊娠中より視野が広がるので産後の方が気付いたという話もあります。

 

妊娠中の保湿しっかりケアする事が大切ですが、産後も油断はせずしっかりと保湿をすることです。

 

産後にお腹がしぼんできることも!

しかし大きかったお腹が急にすっきりする事でお腹しぼんだ事で出来る方もいます。

 

個人差はありますが妊娠線は産後1年はしっかり保湿をすることをお勧めします。消える事はないのですが目立たないようになり保湿をしないよるは綺麗になる事が多いです。お腹回りではなく二の腕や太ももなど妊娠線ができやすい場所をしっかりと固定したりガードルのようなもので締め付ける事も効果的です。

 

なので妊娠中だけではなく気を緩まず産後もしっかりと予防する事が大事ですね。いつまでも綺麗でいたいのが女性です。

 

今は妊娠線のメカニズムや予防産後のケアなど昔より豊富になってきている時代です。女性にとったらありがたいお話しですよね。妊娠中も赤ちゃんに栄養も取られてしまいます。しかし産後も体力を使います。

 

出産後自分の美容まで大変かもしれませんが妊娠線は産後1年も勝負です。気を抜かずいつまでも綺麗でいる美意識も大切です。あまり気にしすぎも良くないですがマッサージがてら保湿を続けて油断せず産後もしっかり妊娠線の予防を心がけてはいかがでしょうか?

関連ページ

妊娠腺ってどうしてできるの?
そもそも妊娠腺ってどうしてできるのでしょう?妊娠腺の基礎知識にお答えします!
妊娠腺はいつ頃から出ますか?
妊娠腺はいつ頃から出るのでしょうか?そして、妊娠腺のケアはいつ頃からするべき?
妊娠腺ってどうして一度できると消えないの?
妊娠腺って一度できると消えないと言われていますが、どうして一度できると消えないのでしょう?
マタニティクリームはいつからいつまで使うのがベスト?
気付いた時にはもう遅い?妊娠腺予防クリームはいつからいつまで使うのがベストなのでしょう?
双子の妊娠線予防はいつからやれば良いの?
双子の場合、特別な妊娠腺予防が必要なのでしょうか?また、はじめる時期も違うの?
妊娠腺は美容整形でキレイになる?
見るたびに憂鬱になってしまう妊娠腺・・・。妊娠腺は、美容整形でキレイになるのでしょうか?
妊娠腺は産後にもできる?
妊娠腺ができるのは、妊娠中だけじゃなく、産後にできることもあるのでしょうか?
妊娠線の前兆はかゆみが出るって本当?
妊娠線の前兆はかゆみが出るって本当でしょうか?かゆみが出たら警告のサイン!?
妊娠線はぽっちゃりの方が出来やすい!?
妊娠線は、ぽっちゃりの方が出来やすいって本当!?何でぽっちゃりの方が妊娠線が出来やすいのでしょう?
経産婦さんの方が妊娠線が出来やすいの?
経産婦さんは、一度出産を経験しているので、お腹の皮膚も伸びやすくて、妊娠線は出来にくいのかと思っていましたが、実は経産婦さんの方が出来やすいのでしょうか?
妊娠線予防クリームって効果あるの!?
妊娠線クリームって実際には効果があるの?ケアはしっかりしているつもりでも塗るだけで本当に妊娠線ができないの?妊娠線クリームってどんな成分が入っているの?詳しいお話しを私なりに簡単にお話ししたいと思います。