妊娠腺対策はできるだけ早い方が良い?

妊娠腺の対策は、出来るだけ早い時期から開始するのがベストです!

 

なぜなら、妊娠腺は皮膚の伸縮率が悪い場合に出来やすいと言われています。ですから、マタニティクリーム等を使い、でできるだけ早い時期からマッサージすることで、皮膚の伸縮率を上げることができるんです。

 

また、乾燥肌の方は、常に保湿を意識して下さい。乾燥肌の方は急にお腹が大きくなることで、皮膚の断裂が置きやすくなってしまいます。常に保湿を意識して、マタニティクリームを最低1日2回は使うようにすると良いでしょう!

 

妊娠腺対策はいつから始めれば良いの?

妊娠腺対策はできるだけ早く始めるのが良いと説明しましたが、では具体的にいつから始めるのが良いのでしょう?

 

妊娠初期の頃は、つわりがひどかったり、体調が悪かったりと、とても妊娠腺のことは考えられないと思います。ですから、体調が安定してくる妊娠12週頃から始められれば、良いかなと思います。

 

もし、体調が良い場合には、もっと早くから始めることで、より妊娠腺ができてしまうリスクを減らすことができます!

 

経産婦さんは油断禁物!

経産婦さんの方が妊娠腺ができやすいという話を聞いたことないでしょうか?

 

実は、経産婦さんの80%に妊娠腺ができるという統計結果があるんです!ま〜この数値がどこまで信頼できるかはわかりませんが・・・

 

これには、妊娠腺対策をしていない方も含まれていると思いますので、実際に妊娠腺対策をしていれば、もっと数値は低くなると思います。

 

ですが、経産婦さんに妊娠腺ができやすいというのは、きちんと理由があるんです。

 

一番の理由は、経産婦さんは初産婦さんと比べると、子宮がすぐに大きくなりやすい傾向にあるからです。子宮が急に大きくなることでお腹も急に大きくなり、皮膚が伸びてしまうのですが、この伸びに耐えられなくなると、妊娠腺ができてしまうんです。

 

表面の皮膚はこの伸びに対応することが可能なのですが、奥にある真皮や皮下組織が耐えられなくなります。耐えきれなくなると亀裂が生じてしまいます。そのダメージが皮膚のちょっと奥の方に赤茶色みたいな色に見える妊娠腺となってしまうのです。

 

ということで、妊娠腺のケアはできるだけ早い時期(妊娠12週頃)からはじめるようにしましょう!後で後悔しないようにしっかりとケアして下さいね!

 

妊娠腺ケアに必須のマタニティクリームもあなたにあったモノをしっかり選び、1日最低2回は塗るようにして下さい♪

 

マタニティクリームランキングはこちら

 

 

関連ページ

妊娠腺予防はどれがおすすめ?
妊娠腺の予防にはどんな種類の妊娠腺ケア商品が必要なのでしょう?
妊娠腺はお腹だけじゃない!?
妊娠腺ケアといえば、お腹しかしない方がほとんどです。ですが、実はお腹以外にも気をつけないといけないところがあるんです!
妊娠線を絶対作りたくないならコレをやれ!
妊娠線を絶対作りたくない!もし、あなたの決意が本物ならコレをやって下さい!
おすすめ妊娠線ケア方法を教えて!
妊娠腺ケア方法にはどんなものがあるのでしょう?おすすめの妊娠腺ケア方法をご紹介します!
妊娠線対策に普通のボディクリームではだめなの?
妊娠腺対策には、専用のクリームが必要なのでしょうか?普通のボディクリームではダメなのでしょうか?
太ももに肉割れが!妊娠腺予防クリーム効果ある?
妊娠腺はお腹だけではなく、太ももにできるの?妊娠腺予防クリームは、太ももにも効果があるのでしょうか?
シラノール誘導体って何?効果あるの?
妊娠腺に効果が期待できると言われている「シラノール誘導体」ですが、効果はあるのでしょうか?
マタニティクリームは1日何回使えば良いの?
マタニティクリームが大切なのは、わかったと思いますが、マタニティクリームは、1日何回ぐらい使えば効果的なのでしょう?
かゆみが気になると妊娠腺の兆候!?
お腹のかゆみが出てくると、もうすぐ妊娠腺がでる前兆と言われています。本当なのでしょうか?
妊娠線予防には妊娠線予防クリームがおすすめです!
妊娠線は作らないことが大切です。そんな妊娠線の予防には、妊娠線予防クリームがおすすめです!